肩こりの原因は長時間の同じ姿勢

肩こりの原因をご存じですか?
ひとくちに肩こりといっても、首や肩、肩甲骨のあたりがこる、張る、痛むなど起こる場合があり、悪化すると頭痛やめまい、吐き気なども現れてきます。

 

 

東洋医学では、肩こりは気のめぐりの乱れや血の巡りが悪くなる気滞やおけつと言った気や血の停滞が原因と考えており、更に、後頭部の筋肉の過度の緊張による場合もあるとされています。

 

 

そして、これらの痛みなどの症状が出るのは、簡単に言えばその痛くなってしまったところに負担をかけすぎてしまっているからです。
何より現代では、パソコンやスマートフォーンなどを使うの当たり前になり便利になった反面、つい時間を忘れてしまって長時間座りっぱなしやうつむきっぱなしになってしまっていますね。

 

 

当然、こうした同じ姿勢をしたままで動かないでいると、肩や首の筋肉が緊張状態を生み、やがて筋肉疲労を起こしてこりとなり、痛みを感じるようになってくるのです。

 

 

人間の頭の重さは体重の8〜13%あると言われており、平均すると5〜6キロになり、ボーリングのボールくらい重さになります。
これを親指と人差し指で輪を作ったくらいの大きさの骨で支えているのです。

 

 

ですので、重い頭部は良い姿勢でいれば重さの負担はないのですが、前屈みになると、骨はもちろん、肩や背中の筋肉で支えることになり、常に負荷がかかっているのでコリなどの痛みが出てくるのも当然でしょう。

 

 

そして、このような肩こりの悩みを持っている人には、共通した特徴がみられます。
それは自分の日常の姿勢に対して無関心な人が多いことです。

 

 

コリや痛みなどの殆どは、無理な姿勢をしていることからきているので、いくらマッサージに通ったり、湿布を貼っても、いつもの悪い姿勢で過ごしていれば、同じところがこったり、痛みがでるのは当たり前です。
したがって悪い姿勢を変えようとしなければ治すことが出来ません。

 

 

なお、正しい姿勢を身につけるには積極的にストレッチなどの軽い運動を取り入れるのが一番効果的です。
体を適度に動かすことで筋肉が柔軟になり、こりもほぐれて一石二鳥でしょう。

 

 

現場で培われた再現性の高い方法!

1日5分からの簡単ストレッチで根本から解消

 

肩こり改善「福辻式」DVD詳細を見てみる