冬の肩こりに注意しょう

肩こりは、寒さや気圧によっても起きやすくなるのをご存じですか?
実際に、寒くなる冬は夏に比べると肩こりや首、背中のこりがより酷くなるという人も少なくありませんね。

 

 

特に11月前後になると朝晩の気温もぐっと下がって寒くなりはじめます。
人間の体は、1日の気温の変動幅が大きくなるなどの環境の変化に対しては、敏感に反応し、急激な気温の低下は交感陰茎を緊張させ、血液循環も悪くさせてしまいます。

 

 

しかも、寒くなると衣類を重ね着するようになるので、更に肩がこりやすくなってしまうのです。
一方、気圧はどうでしょうか?
一般的には、喘息の発作や関節痛などの痛みや体の不調に影響する気象条件といえば低気圧を連想させる人も多いと思いますが、実は高気圧が体に影響する不調もあるのです。

 

 

それはこりなんですね。
こりを生じさせる要因の一つに交感神経の緊張があり、実際にデスクワークなどで身体や精神的ストレスなどによって交感神経が緊張しやすくなり、そのままでいると筋肉内の血管が収縮して血行が悪くなり、その結果、筋肉内に乳酸などの疲労物質が溜まり、痛みに過敏になった筋肉が硬くなって強ばってくるのです。

 

 

そして、1年の中でも11月は高気圧の日が多くなるのですが、この高気圧によっても交感神経が緊張することから、より一層肩こりになりやすくさせてしまうのです。
その為、冬の肩こりは11月から注意する必要があります。

 

 

なお、ストレッチなどの軽い運動は自律神経のバランスを整えることが出来るので、肩こりにもとても効果的です。

 

 

現場で培われた再現性の高い方法!

1日5分からの簡単ストレッチで根本から解消

 

肩こり改善「福辻式」DVD詳細を見てみる

 

 

関連ページ

肩こりの症状